家庭用脱毛器だとか騒いでるのは一部の童貞だけ

Pocket

いま、一番気になる家庭用脱毛器を完全チェック!!

  閲覧ありがとうございマス♪

ERIKAです★
初見さんはまずは、プロフィールから♪
↓↓↓
★★★プロフィール★★★ 本日2度目!!笑 ビタブリットC スキン3g / ¥6900 昨日紹介したのは、フェイス用♪本日紹介するのは、主にボディ用です♪
 公式ページ【ビタブリッドC スキン】 純粋なビタミンCと必須ミネラル(亜鉛)のハイブリッドで作られたパウダー。
肌鎮静効果及び再生効果のあるマデカッソシドを新配合。セリン・ベタイン・加水分解コラーゲンも新たに配合し、肌バリア強化でお肌を保護します。ビタミンC誘導体ではなく、純粋ビタミンCを壊さずに守りながら、イオン交換方式により、約12時間継続的に、肌組織に浸透させることを実現。本来の肌が健康になろうとする力を引き出します。

こんな感じで、箱に入ってます♪
 ~体質による肌トラブルをはじめ、背中ニキビや体のシミにも~  昨日紹介したフェイス用と使い方は同じ!! ボディー用クリーム・ミルク・ローションなどに混ぜて使用するものです♪ 最初はクリームに混ざるのかが不安で時間をかけてましたが意外と簡単にまざるので、今はスムーズに混ぜる事が出来てます♪ 3週間ほど使用してみて、体のざらつきがマシになってきました★これからの時期には、日焼けの後などに使えそうです♪ フェイス用では半分ほど使用してみて、、毛穴の黒ずみが薄くなった。肌に透明感が出てきたし、旦那がこのシリーズのヘアケア用を使用して、髪の伸びが速くなったり、白髪が減るなどの効果があったので間違いのない商品だとは思っています^^♪読者登録↓★★★クリックで読者登録へ★★★ 毎月のお楽しみにはRAXY♪
 
→月額たった¥1980で、
「SKⅡ」や「ランコム」が使用できちゃう事も!!
過去のRAXYの記事はコチラ♪ (クリック)   2018年3月!!
購入を悩んでいた
「家庭用脱毛器*ケノン」を購入しました♪

(画像クリックで購入ページ)

本当に脱毛できるのか?!
お楽しみに!!!(⌒▽⌒)

家庭用脱毛器 スピードおさえていい運転

光やレーザーによるダメージの防ぎ方光源は白色LED。ガラスは可視光をよく通します。UVAは結構通しますが、スピリタスウォッカの主成分のエタノールは紫外線に強いから、これで良いのです(´∀`) (二重結合による共役構造がない) (12/12 誤字修正)コバルトガラス (青いガラス)は、白色LED光を強く当てれば、青い光がある程度通ります。ちなみに、500nm~700nmを強く遮るので、トンネルのオレンジの光はほとんど見えなくなります (`・ω・´)そして、アンバーのガラスは鉄と硫化物イオンでの着色ですが、400nmより紫外線寄りの波長を強くカットします(*゚ー゚*)紫外線によるダメージから、中身が強く守られます!!    さて、前回に引き続いて、お勧めの脱毛方法について個人的なコメントを載せていきます   ・顔のムダ毛を無くして、かつ、お化粧のノリを良くしたい (高校生以上)→他の部位についての希望の有る無しに関係なく、ロングパルスアレキサンドライトレーザーでの医療レーザー脱毛が推奨になります!!理由: 色の薄いうぶ毛にも、ある程度は効果を出せますまた、お化粧が目的に据えられている場合は、メイクによるダウンタイムの軽減と、遮光がし易いのがメリットです2ヶ月おきに10回まで照射して、まだ残っている毛には、 ・ニードル脱毛で処理を継続していくという手もございますが、・美白用レーザーで継続すると、副次的にツルッとした肌が保たれるケースも多いです  ・全身の毛を何とかしたい (高校生以上)体毛は、毛周期が6-12ヶ月、うちレーザー脱毛が効果的な成長期は3ヶ月で、割合としては20%が成長期として存在しておりますよって、・どうやっても完了までに1年以上、5回以上はかかる・3ヶ月より短い周期での照射がお勧めそれを前提に、さらに場合分けしていきます  ①VIOあり。費用対効果を重視。濃い毛を目立たなくしたい。→医療機関の蓄熱式レーザー脱毛を2~3ヶ月に1回で5~6回。その後は、毎年、水着や半袖になる1ヶ月前に1回照射。 毛周期を考え、1年間は照射します。濃くて太い毛は減る場合が多いです残った毛については、蓄熱式のままで回数を増やしても『照射している期間は生えにくい』『照射をやめると戻ってくる』という、遅延効果のような効き方に感じる人が多いでしょうなので、コスパでいくなら一旦終わりにし、毎年夏前に1回   ②VIOあり。完了までの期間を重視。パッと見で目立たなくしたい。→医療機関の蓄熱式レーザー脱毛を1~2ヶ月に1回で1年間継続。その後、エステの光脱毛に切り替え、3ヶ月に1回のペースで継続。引っ張って抜ける毛がなくなったら終了とする。まだ気になる部位があれば、そこだけロングパルスアレキサンドライトレーザー。 短い間隔での蓄熱式レーザーは、生き残りを減らす意味合いもありますが、毛が長くなる前に抜けるので快適、という面もございます①と比べたときの欠点は、・費用がかかる・日焼けできない期間がほぼ連続するですので、日焼け、スキンケアに注意を払えないと、処置をきちんと受けられずに効果が下がるおそれがあります…1年間終わった後にエステの光にするのは、蓄熱式レーザーと光の間に、それぞれ得手と不得手があるからと、毛が多いうちは蓄熱式脱毛が痛くなくて楽、かつ施術が早い (1時間)という点によります   ③VIOあり。全身ツルツルになりたい!! (高校生以上)→2~3ヶ月に1回、ロングパルスアレキサンドライトレーザーで処置痛くて、一回あたりの処置の時間が長い (3時間とか)ですしかしながら、ツルツルを目指すなら次回、毛が生えるのを遅らせるのではなく、毛を減らすという効能が、よりハッキリと示されているアレキサンドライトレーザーがお勧めになります他の脱毛で始めると、結果的に二度手間になるかもです…   ・ワキ毛だけが気になる(年齢、性別問わず)→エステなどの、お手軽価格なキャンペーンワキは、基本的に日焼けしておらず、肌の色が薄く毛の色が濃い、光でもレーザーでも効果を出しやすい部位ですただし、太くて存在感のある毛が生えるため、目立たなくなるまでは回数が必要だったり、忘れたころにチョロリと伸びたりします ワキは、多くのエステやクリニックで、格安に行うことができますただし、ワキの安さに釣られて、他の部位を契約すると、トータルで損をするかもしれませんので、ワキ以外の部位も気になる方は、そちらをメインに考えることをお勧めしております   ・ヒゲが気になる男子学生→家庭用レーザー脱毛器を1ヶ月に1回ワキと違い、ヒゲの脱毛は値が張ります・ヒゲの脱毛3回分くらいで家庭用脱毛器を買えることと、・ヒゲだけなら15分くらいで家庭用脱毛器で処理できるのとで、自宅での処置がお勧めになりますポロポロ抜け落ちたあとは次が伸びるまでに時間がかかり、剃らなくても良い日ができる分だけ楽もできます 私の勝手な主観ですが、・学生はココぞというときだけ身だしなみを整えれば良いような気がする・肌トラブルとしての赤みくらいなら、ニキビもできる時期だしオオゴトではない気がする・社会人より時間はゆとりありそう・社会人より金銭的な余裕がない人が多そうというイメージから、家庭用脱毛器が故障するか、効かなくなるか、社会人になるまでは家庭用レーザーがお勧めです
  ・ヒゲが気になる社会人→医療レーザー脱毛。2ヶ月に1回。蓄熱式レーザー脱毛は、アゴだと他の部位よりトラブルの頻度が高いですが、それでも痛みが少ないメリットがございますあるいは蓄熱式でないアレキサンドライト、ダイオード、ネオジムヤグ、どれも一長一短がございますが、ちゃんと終わりのある処置になります社会人のゴールは、『剃らなくても、身だしなみとして問題ない状態』ですし、長引けば処置の時間を損していることになるので、家庭用レーザー脱毛器はお勧めしておりません…ただ、学生の間に家庭用脱毛器で処理していた場合、・処置後の赤み、痛み、毛嚢炎がかなり減る・完了までの期間が短くなっているというメリットがございますので、無駄ではないかと考えております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です