フラッシュ脱毛での脱毛の仕組み

脱毛 ケノン 口コミ
Pocket

ケノンはフラッシュ脱毛で行う家庭用脱毛器です。
フラッシュ脱毛とは特異な波長を使った光の事で、距離が遠くなると拡散していく光を使っています。
これによって広範囲に光を照射する事が出来る上に、毛根のみに光の力を集める事が出来ますので、肌に負担をかけずに脱毛をしていく事が出来ます。
口コミでもケノンはとても人気が有り、欲しいと思っている方はたくさんいますが、お値段が通常の家庭用脱毛器と比較して高いと言う事がネックとなっているみたいです。
口コミではケノンの効果には賛否両論が有りますが、効果を実感している方も多い様です。
毛根にはメラニンと言う色素がたくさん有る為、光を吸収しやすいと言う特性を持っています。
そこにフラッシュの光を当てる事で毛母細胞と言う毛の元になる細胞や毛乳頭が破壊されて死滅していきます。
こうした部分が死滅してしまうと既に生えている毛に栄養が行かなくなり、老廃物と化してしまいます。
こうなると大体1~2週間位でスルッと自然に抜け落ちていく様になります。
しかし1度の照射で完全に死滅する事はなく、暫くすると新しい毛母細胞が誕生して毛の再生が始まってきます。
但し一度破壊されていますので破壊前と比べて元気が無い細い毛が生えてくる様になります。この生えてきた部分を更に照射する事で再度細胞を死滅させていきます。
これを繰り返していくと毛母細胞は死滅していき毛も生えてこなくなります。本来毛が生えてくるはずの毛穴も毛が生えてこないので段々と収縮していきます。
こうした毛の周期を利用してフラッシュ脱毛は毛根を死滅させていくと言う仕組みとなっているのです。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL